人口減少化を生き残る大家さんのためのブログ

広島不動産投資ブログ|不動産とJ-REITと株に投資

リフォーム・建物管理

【DIY】立水栓(横水栓)の交換方法

更新日:

屋外にある、柱に水栓が付いているものが立水栓です。水栓柱とも呼びます。

同じような蛇口が洗濯機置き場にもありますが、

最近は吐水口部分の形状が違います。

ただ、取付方法は同じです。

部品交換ではなく本体交換が必要な理由

今回本体交換をした理由は、

・数か所漏水があったこと

・錆が出ること


の2つです。

漏水が数か所あっても、パッキン等を変えれば止まりますが、

錆が出るのは、他の水栓からは錆が出ないので、

この水栓の内部の老朽化による錆が考えられました。


そうなるとさすがに本体交換の必要がありますので、

今回は本体交換することに決めた次第です。

水栓の種類

洗濯機の水栓

洗濯機の水栓を交換しようと思ったら、

最近はこういうカッコイイ感じの水栓にすることが一般的です。

「緊急止水弁」という先端の白い部分が付いているので、

水を開放しても、洗濯機のホースに繋がっていないと水が出ません。

この弁は屋外の水栓では不要なので、

屋外では散水ホース向けの構造のものを使うことが多いです。

立水栓の水栓

言い方がややこしいのですが、

「立水栓」は柱の部分だけを指す時と、水栓(蛇口)込みで指す時がありますが、

今回は立水栓の部品である横水栓(蛇口)を交換する内容です。


と言いながら、

施工した物件は珍しく家屋の外壁に直接水栓が取付けてありますので、

立水栓の柱の部分はありません


ですので、正確に言うと立水栓の水栓交換というわけではありませんが、

多くの場合、屋外の水栓は立水栓に付いていますので、

タイトルは「立水栓の水栓交換」ということにさせていただいています。

こんな感じで付いています

立水栓の水栓を選ぶなら

「カップリング付き横水栓」

壁付けの水栓で吐水口が動かないものを「横水栓」という

今回使用したのは上の写真の「カップリング付き横水栓」というものです。

カップリングというのが先端についているもので、

ここにホースを直接さして使うことができます。

私はあまり直接さして使ったことはないですけどね。

このカップリングは取り外すことができますので、

外して、ニップルという怪しいネーミングの部品を付けて、

散水ホースにつなぐこともできます。

こういうのがニップル

築古物件に一般的な「万能ホーム水栓」

この写真の水栓は「万能ホーム水栓」と言います。

洗濯機にも屋外の立水栓にも使用可能なまさに万能型です。

洗濯機にはネジ付きの下の写真の部品をつけることになります。

この部品は、

ネジを緩めて、吐水口の先端が本体のパッキンに当たるところまで差し込み、

本体を回して深さを調節し、

ある程度固定できたところでネジを締めて完全固定します。


この部品の使い方や、洗濯排水の接続の仕方や確認方法は大切なので、

仲介の人にはしっかり説明しておいていただきたいですし、

我々大家としても何らかのフォローの方法を考えた方が良さそうです。

それがメンドクサイ場合は、止水弁付きの最新バージョンに交換しましょう。

屋外の立水栓の場合はこの万能ホーム水栓でも全く問題ありません。

【参考】散水栓は地面の下の水栓

アパートやマンションの敷地内は散水栓の方が多いと思います。

散水栓は地面に埋まっている散水栓ボックスにある水栓です。

アパートやマンションの場合は、

住人さんが勝手に使わないように、ハンドル部分がないことが多いですね。


交換手順

というわけで前置きが長くなりましたが、

立水栓の横水栓の交換手順を解説していきます。

が、とても簡単です。

止水栓を止める

通常は前面道路に上水道管が通っており、(じゃないこともある)

そこから敷地内の量水器ボックスまで配管されています。

この量水器ボックスに、止水栓とメーターが付いています。

今回はこの右側の止水栓バルブを閉じて、止水します。

ここで止水すると、宅内全て止水することができます。

立水栓(散水栓)も基本的にはここで止水できます。(まれに別のこともあるそう)


そして左側のメーターにある丸印の部分

止水する前にここが少しずつ回っていないかチェックしましょう。

漏水があるとここが少しずつ動きます。

1mmも動いていなければセーフ。

既存水栓の取り外し

取り外すときに道具を使うこともあるようですが、

私は道具を使わないと取れなかったケースはありませんので、

基本不要かと思います。

硬くて全然取れない!

という場合は道具を使ってみましょう。

こんな道具もあるようです

1 水栓を両手で反時計回りに回す

5周くらい回すと取れます。

一応何周で取れたかを覚えておくと良いです。

給水管の部分の汚れやゴミを取っておきましょう。

2 シールテープ巻き

右側のネジの部分にシールテープを巻きます。

今回は8周程度が調度よかったです。

はじめ試しに3周くらいで付けてみましたが、

緩くて回りすぎるのでダメでした。

最終的にハンドル部分が真上に来た時に調度動かなくなる感じで調整するので、

巻く回数が少なすぎると回りすぎて、

巻く回数が多すぎると回らない(真上に届かない)


ということになります。

3 本体取付

シールテープを巻いたら、

元の逆で、時計回りに本体をグルグル回しながら付けます。

外した時に何周したかを覚えておくとスムーズです。

シールテープの巻く回数によって最後に固定されるかどうかが決まります。

緩いと蛇口を回した時にグラつきが出たり、漏水の原因になるので、

やり直す覚悟でシールテープの調整をしましょう。

4 最終チェック

取り付けたら、

止水栓を開けて、漏水がないかチェックします。

漏水チェックは、取り付けた部分と、水道メーターと両方チェックです。

ハンドルを回してみてグラつきがないか、

きちんと水が出ているか確認して完了です!

-リフォーム・建物管理
-, , , ,

Copyright© 広島不動産投資ブログ|不動産とJ-REITと株に投資 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.