人口減少化を生き残る大家さんのためのブログ

広島不動産投資ブログ|不動産とJ-REITと株に投資

書評

【書評】『チーズはどこへ消えた?』を今こそ読もう

更新日:

以下、「本書」と言います。

著者紹介

著者:スペンサー・ジョンソン氏

医学博士・心理学者。心臓のペースメーカー開発にもたずさわる。

現在はさまざまな大学や研究機関の顧問をつとめ、シンクタンクに参加する一方、著作活動を続けている。

その功績を認められ、ハーバード・ビジネス・スクールの名誉会員。

主な著書に、『1分間マネージャー』(共著)『1分間意思決定』『人生の贈り物』他、多数。


訳者:門田みすず氏 翻訳家、フリーライター

著者には他に、本書の続編として『迷路の外には何がある?』、『頂きはどこにある?』などもありますが、

おすすめしたいのは数ある中でも圧倒的に本書です。

個人的な経験の教訓と重なる部分も多く、

様々な場面や分野に共通した、含蓄ある物語です。

登場人物(本書は物語です)

  • 2匹のネズミ 「スニッフ」 と 「スカリー」
  • 二人の小人  「ヘム」   と 「ホー」

本書の概要と解釈

本書は、ある迷路で起こった出来事をめぐる物語で、

2匹のネズミと二人の小人が「チーズ」を探し求める物語です。


「チーズ」は私たちが人生で追い求めるもの。仕事・家族・恋人・家等々

「迷路」はチーズを追い求める場所。会社かもしれないし、世の中全体かもしれない。


コロナウイルスによる混乱の中で「チーズ」を失くしてしまった方々にも、

改めて読んでいただきたい。

「『チーズ』はつねにどこかへもっていかれ、消えていく。」

あらすじ

2匹のネズミ「スニッフ」と「スカリー」、2人の小人「ヘム」と「ホー」は、

毎日迷路で、幸せになるための特別なチーズを探し回ります。

迷路のどこかにあるはずの特別なチーズです。


2匹のネズミは単純で非効率的な方法で探します。

とにかく行ったことのない通路を進んで、何もなければ引き返す、の繰り返し。


2人の小人は過去の教訓から得た教訓と思考により、より効率的な方法で探しますが、

信念と感情により、ものの見方を鈍らせてしまうこともありました。


それぞれのやり方は違うものの、2組ともチーズを発見することができます。


その後、毎日、2組はチーズのある通路に通います。チーズは大量にあります。


2匹のネズミは、チーズがある場所がわかってからも、毎朝早起きをし、迷路へ急ぎます。

2人の小人は、チーズがある場所がわかってから、ゆっくり起きて、ゆっくりと迷路に向かい、自分たちのチーズだと思い、近くに引っ越します。


そしてチーズがあることが当たり前になり、慢心します。

「チーズを手に入れれば幸せになれる」

しかし、2匹のネズミは違いました。

チーズがあることを当たり前と思わず、いずれなくなるかもしれないという覚悟をしていました。

そしてある日突然チーズがなくなります

2匹のネズミは、自分たちが変わらなければと思い、

すぐにまた新しいチーズを探しに出かけます。


一方、いつもどおりゆっくりとやってきた2人の小人は「チーズがない!」と叫んだり大声でわめいたりしました。

2人はこれからどうしていいかわからず、長い時間悩みます。

事態が信じられず、明日もなかったらどうしようと悩みます。

「自分のチーズが大事であればあるほどそれにしがみつきたくなる」

翌日もチーズはありません。

2人の小人
は、ネズミよりも自分たちの方が利口で特別、

こんなことになったのは他の誰かのせいだと思います。

しかし、2人が悩んでいる間に、

2匹のネズミは新しいチーズを発見するのです。


2人の小人は、それでもまだ毎日同じように過ごし、

毎日不安と失望を抱えて家に帰ります。

そんな中、ホーは気づきます。

「ねえ、ヘム、物事は変わることがあるし、決して同じことにはならない。あの頃と一緒だよ、ヘム。それが人生だ!人生は進んでいく。僕らも進まなくてはならない。」

p39

そして今まで行ったことのないところに行く恐怖を抱えながら、

新しいチーズを探しに行くのです。

しかし出かけたのはホーのみで、ヘムはどうしてチーズが消えたのかを考えるだけでした。

「変わらなければ破滅することになる」

はじめは恐怖を感じていたホーも、

新しいチーズのことを考えながら、新しい道を進む中で、

楽しさを感じ、どうしてもっと早く新しいチーズを探しに行かなかったのかと思うようになります。

人が恐れている事態は、実際は想像するほど悪くはないのだ。自分の心の中につくりあげている恐怖のほうが、現実よりずっとひどいのだ。

p57

と、いうところでストーリーの紹介を終わりにします。

物語はもう少し続きます。



小人の「ホー」の心の変化やチャレンジを通して、

読者に大切なことを伝えようという物語ですが、

とてもわかりやすく、印象的な物語です。

現実のビジネスの場面でも、

様々なチーズが出てきます。

しかしチーズは突然なくなります。

その変化に気づき、準備をしていたかどうか、

そして現実を受け入れ、すぐに新しいチーズを探しに行く。

そういった心構えが必要な場面がたくさん出てきます。

ビジネスだけではありません。

生活の中で、さまざまな変化が突然やってきたりするでしょう。

今の幸せな状況をかみしめながら、

常に想定外を想定する心と行動が必要なのではないかと思います。

人それぞれのチーズを大切にしながら、

新しいチーズを見つけに行く心構えを持っておきましょう。

「チーズ」は突然なくなる。その心の準備をしておく。そして新しい「チーズ」を見つけに行く。

おわりに

書評の記事では、基本的に本内容の全てはご紹介していません。

紹介していない部分の方が多く、ここで紹介している内容には、私の個人的なバイアスがかかっております。

しかし、その一部でも心に響く内容があったのではないかと思います。

どういった形でも良いので、気になった方は原本を是非ご一読ください。

おすすめ度

★ ★ ★ ★ ★

全ての人におすすめしたい、名作(名著)です。

様々な場面や状況でこの本を思い出していただきたい。

-書評
-, , , ,

Copyright© 広島不動産投資ブログ|不動産とJ-REITと株に投資 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.